ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健福祉課 > 国民年金の加入手続きをしましょう!

本文

国民年金の加入手続きをしましょう!

記事ID:0000300 更新日:2020年11月16日更新 印刷ページ表示

 公的年金の制度は、年老いたときやいざというときの生活を、働いている世代みんなで支えようという考えで作られた仕組みです。公的年金制度に加入して、保険料を納め続けることで、老後や病気やケガで障害が残ったとき、家族の働き手が亡くなったときに年金を受け取ることができます。国民年金は、日本国内に住所を有する20歳から60歳までの人が加入する公的年金制度です。

加入者の種類

第1号被保険者

(対  象  者) 自営業者、学生など
(届け出先) 役場
(納付方法) 納付書による納付や口座振替などにより、自分で納めます。

第2号被保険者

(対  象  者) 会社員、公務員など
(届け出先) 勤務先
(納付方法) 国民年金保険料は厚生年金保険料に含まれますので、給料からの天引きにより勤務先を通じて納めます。

第3号被保険者

(対  象  者) 第2号被保険者に扶養されている配偶者
(届け出先) 配偶者の勤務先
(納付方法) 配偶者が加入する年金制度が一括負担しますので、自分で納める必要はありません。

こんなときは届出を!

退職したとき・扶養から外れたとき

必要なもの
・本人確認書類
・マイナンバーまたは基礎年金番号がわかるもの
・印鑑
・退職日または扶養から外れた日がわかるもの(資格喪失証明書等)