ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健福祉課 > 後発医薬品(ジェネリック医薬品)について

本文

後発医薬品(ジェネリック医薬品)について

記事ID:0000266 更新日:2020年11月16日更新 印刷ページ表示

ジェネリック医薬品を利用することで、医療費の自己負担額を軽減できる場合があります。

※後発医薬品(ジェネリック医薬品)とは
 先発医薬品(新薬)の特許が切れた後に販売される、先発医薬品(新薬)と同じ有効成分、効能効果がある医薬品のことです。特許期間が経過した後に製造されるため、研究開発の費用を抑えることができ、価格が安くなります。

ジェネリック医薬品を希望するときは
 ジェネリック医薬品は、すべての新薬に対して存在するわけではありません。また、治療のためには選択できないこともあります。ジェネリック医薬品を希望される場合は、かかりつけの医師や薬剤師に必ずご相談ください。

<厚労省のHPにリンク><外部リンク>