ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健福祉課 > 災害時要援護者支援制度 登録希望者募集

本文

災害時要援護者支援制度 登録希望者募集

記事ID:0000255 更新日:2020年11月16日更新 印刷ページ表示

災害時要援護者支援制度とは

 町では、地震や風水害などの災害時に、避難支援などを必要とする人(要援護者)が安全に避難できるよう、地域ぐるみで助け合う制度(災害時要援護者支援制度)を推進します。
 この制度は、「災害時要援護者ご本人の要望」と「ご近所の方々の暖かい善意」が一致して成り立つボランティア制度です。
 登録情報を支援団体の方へ事前に伝えることで、地域における支援を受けることができます。

対象者

(1)65歳以上の一人暮らし、75歳以上のみの世帯の人、または在宅の寝たきり高齢者
(2)要介護認定を受けた人(寝たきり、認知症)
(3)身体障害(身体障害者手帳2級以上)、知的障害(療育手帳AまたはB)、精神障害(精神障害者保健福祉手帳2級以上)のいずれかがある人
(4)その他支援が必要と認められる人
※ただし、施設入所者、長期入院者を除きます。

登録をご希望の方は

  • (1)の方は、民生委員が伺った際に、お尋ねしています。
  • (2)~(4)の方は、保健福祉課へ要援護者登録申請書を提出してください。

支援団体

 和木町、自治会、民生委員児童委員協議会、社会福祉協議会