ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市建設課 > 和木町営住宅情報

本文

和木町営住宅情報

記事ID:0001944 更新日:2021年3月12日更新 印刷ページ表示

町営住宅とは?

 町営住宅は、住宅にお困りの所得の低い方に低廉な家賃でお貸しすることを目的として整備されたものです。
 町営住宅の家賃は、住宅の広さ、新しさ、立地、設備の状況などのほか、国民所得の動向と入居者の方の収入に応じて決定されることとなっています。
 一定の募集期間を設けて募集を行った後、抽選によって入居者を決定します。

町営住宅の入居者募集

 住宅の募集を行う場合は、町ホームページ及び広報「わき」でお知らせいたします。

現在募集しておりません。

町営住宅への暴力団排除の取り組み

 本町では、町営住宅の入居者等の生活の安全と平穏の確保のため、申込者、同居または同居しようとする親族(以下、「申込者等」という。)が暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年度法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員。以下、同じ。)でないことを入居資格として条例に規定し、暴力団員に該当する場合には、入居決定をしないことといたしました。
 このため、町営住宅の入居申し込みをされる方には、申込者等が暴力団員でないことについて誓約をいただくとともに、町においては入居資格の審査または入居決定の際に、暴力団員に該当するか否かについて警察に照会することといたしました。

申し込みができる団地

家族で入居の申し込みができる団地

○坂根団地(和木町瀬田2丁目5番1号~3号)坂根団地

○山の手団地(和木町和木2丁目2番1号~5号)

 

<入居資格>

町営住宅の申し込みをされる方は、次の1から5までの条件を満たしている必要があります。
1 同居または同居しようとする親族(婚姻の予定者及び内縁の配偶者を含みます。)がある方
※友人等の寄合世帯での申し込みや世帯を不自然に分割(合併)した申し込みはできません。(例:DVによる保護命令を受けている場合等を除き、戸籍上の夫婦を同一世帯としない申込)
※婚姻予定で申し込みをされる方は、この募集の申し込み締切日から3ヶ月以内に確実に結婚し、入居できることが条件です。
2 法で定める収入基準に該当している場合
申込者の世帯の総所得(同居する家族全員の過去1年間における所得金額)から該当する所得控除の額を控除して12等分した額(政令月収)が次の範囲でなければなりません。
158,000円以下(裁量世帯については、214,000円以下)
※裁量世帯とは、次の一つに該当する場合山の手団地
ア 入居する方が次に該当する場合
・入居申込者が60歳以上で、かつ、同居者のいずれもが60歳以上または18歳未満
イ 入居しようとする方の中に次のいずれかに該当する方がおられる場合
・身体障害者(1から4級)
・戦傷病者(特別項症から第6項症までまたは第1款症)
・精神障害者(1級または2級)
・知的障害者(AまたはB)
・原子爆弾被爆者
・引揚者
・ハンセン病療養入所者
ウ 小学校就学前の子どもがいる世帯
3 現在、住宅に困っておられる方
※入居者及び同居者名義の持家、土地等の資産がある方は申し込みができません。(町外の資産を含む)
※都道府県営住宅、市区町村営住宅に入居している方は、申し込みができません。
4 地方税(使用料を含む)を滞納していない方(同居者を含む)
5 申込者、同居または同居しようとする親族が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。

ひとりで入居の申し込みができる団地(高齢者)

○用作団地(和木町和木1丁目1番15号)

用作団地
<入居資格>

町営住宅には単身(高齢者)向けの住宅があり、申し込みをされる場合は、次の1から5までの条件を満たしている必要があります。
1 申し込み者が60歳以上の方で、同居者がおられる場合は、同居者も60歳以上
2 法で定める収入基準に該当している場合
申込者の世帯の総所得(同居する方の過去1年間における所得金額)から該当する所得控除の額を控除して12等分した額(政令月収)が次の範囲でなければなりません。
158,000円以下(裁量世帯については、214,000円以下)
※裁量世帯とは、入居しようとする方が次のいずれかに該当する方がおられる場合
・身体障害者(1から4級)
・戦傷病者(特別項症から第6項症までまたは第1款症)
・精神障害者(1級または2級)
・知的障害者(AまたはB)
・原子爆弾被爆者
・引揚者
・ハンセン病療養入所者
3 現在、住宅に困っておられる方
※入居者及び同居者名義の持家、土地等の資産がある方は申し込みができません。(町外の資産を含む)
※都道府県営住宅、市区町村営住宅に入居している方は、申し込みができません。
4 地方税(使用料を含む)を滞納していない方(同居者を含む)
5 申込者、同居者が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと。

申し込み時の注意

1 駐車場は、住宅1戸あたり1台です。2台目からの駐車場は、入居者でご準備ください。(用作団地には駐車場はありません。)
2 町営住宅は、ペットを持ち込むことができない住宅です。
 ペット(犬・猫・鳥・ウサギ・イタチ類等)の飼育並びに訪問者のペットの持ち込むをお断りしております。
 よって、ペットを飼育されておられる方の申し込みは、固くお断りいたします。

申し込みから入居までの流れ

<申し込み>

1 申込書に必要事項を記載し、下記の書類を添えて担当課の窓口へ提出してください。
2 全員が申込書に添えていただく書類
(1)入居を予定している方、全員の住民票(住民票の謄本)
(2)所得証明書等(学生、生徒、児童、園児、未就学児を除く全員)
(3)地方税等の完納証明書(入居される方全員)
3 申込者の状況によって提出していただく書類
(1)母子世帯・父子世帯・単身住宅への申し込みの場合 戸籍謄本の写し
(2)引揚者 本邦に引き上げた日から起算して5年を経過していないことを証する書類
(3)炭鉱離職者 炭鉱離職者給食手帳の写し
(4)身体障碍者 身体障碍者手帳の写し
(5)精神障害者 精神障害者保健福祉手帳の写し
(6)知的障害者 療育手帳の写し
(7)戦傷病者 戦傷病者手帳の写し
(8)原子爆弾被爆者 医療特別手当証書または特別手当証書の写し
(9)要介護者 市町村長の証明
(10)ハンセン病療養所入所者等 国立ハンセン病療養所入所者等の長の証明
(11)生活保護受給者 保護決定通知書または福祉事務所長の証明
(12)中国残留邦人等支援受給者 直近の支援給付決定通知書の写し
(13)婚姻予定者 結婚式場の予約証明書または福祉事務所長の証明(媒酌人等の証明)
(14)DV被害者 裁判所の保護命令決定書の写し等
4 その他必要に応じて提出していただく書類
(1)事実関係を証する書類の提出を求める場合があります。
(2)辞退される場合は、辞退届を提出していただく場合があります。


<抽選会>

1 申込書等により入居資格を有する方に抽選会のご案内を差し上げます。
2 抽選会は、公開抽選となります。
3 抽選会への参加は、申込者または申込書に記載された配偶者とし、他の方が参加される場合は、委任状が必要となります。
4 抽選方法は、担当課がお示しする方法で行います。
5 この抽選会での決定は、仮決定となります。


<入居の手続き>

1 仮決定後、抽選会でお渡しした書類を10日以内にご提出いただきます。
2 和木町営住宅賃貸借契約書には、連帯保証人が1名、緊急時の連絡先として1名が必要となります。(重複可)
3 連帯保証人の方は、地方税を滞納していないことを証明する書類(完納証明書等)と印鑑証明書を添付していただきます。
4 その他、審査に必要な書類の提出をお願いする場合があります。
5 提出された書類を審査し、入居許可書をお渡しいたします。
6 婚姻予定者については、3ヶ月以内に入籍確認後、入居許可書をお渡しいたしますので、戸籍謄本等の婚姻を証する書類のご提出をお願いいたします。
7 その他、入居の許可後において、入居資格がない場合、ペットの飼育が発覚した場合等は、入居の許可を取り消し、住宅を明け渡していただきます。


<入居するにあたっての注意>

1 入居するときは、申込世帯全員が同時に入居し、住民票を住宅の住所に移していただきます。
2 内縁関係者との申し込みの場合は、町住民サービス課に未届けの妻(または夫)の届け出をしてください。
3 仮決定並びに入居許可書をお渡しした後でも、下記の場合、仮決定の取り消し並びに入居許可の取り消しを行い、入居されている場合でも住宅を明け渡し(住宅から退去)ていただきます。
(1)申込者本人及び同居しようとする親族が暴力団員であるとき。
※暴力団員であるか否かを確認するために、山口県警察へ照会いたします。
(2)申込資格が欠けていることが発覚したとき。
(3)申込書に記入した申込者本人並びに同居予定親族が入居時に異なるとき。
ただし、出生、死亡の場合は除きますが、死亡により、単身となった場合は、入居許可の取り消しとなる場合があります。
また、入居時の家賃額が変更になる場合があります。
(4)申込書に虚偽の記載があったとき。

町営住宅の申し込み時によくある質問Q&A

Q いつ募集しますか?

A: 空室ができ、入居できる状態になった時点で募集いたします。

(1)定期的な募集は行っておりません。

(2)募集を行う場合には、募集する月の広報「わき」及びこのホームページでお知らせいたします。なお、個人的にご連絡をすることはありませんのであらかじめご了承ください。

Q 現在、町外に住んでいますが、申し込みはできますか?

A:申し込みできます。

(1)入居の際には、住民票を異動していただきます。

(2)申し込みの際の添付書類は、現在、居住しておられる市町村から取り寄せていただきます。

Q 家賃はいくらぐらいですか?

A:町営住宅の家賃は、建物の古さ、場所、部屋の広さ、入居者全員の収入の合計、世帯人数などで決まるため、一概には言えません。

(1)基本的に建物が古いよりは新しい方が、部屋が狭いよりは広い方が家賃は高くなります。また、家賃は、毎年見直します。家賃算定のために入居者には毎年収入を申告していただきます。

Q 現在、婚約中ですが、申し込みはできますか?

A:募集月の翌月から、3ヶ月以内に結婚するのであれば申し込みできます。

(1)申込時に、婚約証明書を提出していただきます。

(2)家賃は、入居許可日よりお支払いいただきます。

(3)申込時の所得証明は、婚約されている2人分が必要となります。

(4)ご結婚後は、戸籍謄本のご提出をお願いいたします。

(5)入居されるまでの間に婚約が解消された場合は、入居資格がなくなります。すでに入居されている場合であっても退去していただきます。

Q 夫(妻)と別居するために申し込みはできますか?

A:別居のための申し込みはできません。

(1)夫婦の別居、友人等の寄合世帯、他に扶養義務者のある祖父母、親、兄弟、姉妹などを呼んで同居する等不自然な合体、分離した世帯については、申し込むことはできません。

Q 正式な婚姻届は出していないのですが、内縁の妻(夫)と一緒に住んでいます。申し込みはできますか?

A:住民票で「未届けの夫または未届けの妻」など、その事実が確認できる場合は、申し込みできます。

(1)現在、同居していない場合は、内縁関係とは言えませんのでご注意ください。

Q 現在、夫(妻)と別居中です。母子(父子)世帯として申し込むことが出来ますか?

A:申し込むことはできません。離婚が成立してからのお申し込みをお願いいたします。

Q 住宅の中を事前に見ることはできませんか?

A:住宅の中を見るのは、入居仮決定後(抽選後)とさせていただいております。

(1)事前(入居決定前)の部屋の見学は実施しておりません。

(2)入居仮決定後(抽選後)から、入居手続きまでの間に、ご希望があればご覧いただけます。

(3)町営住宅は、「住宅に困窮する低所得者」を対象にしております。本来、選り好みをするものではありませんので、予めご了承ください。

Q 離婚協議、調定中ですが、母子(父子)家庭での申し込みはできますか?

A:申込受付期限までに離婚が成立し、書面として提出が可能であれば申込できます。

(1)書面として提出していただく書類は、入居される方の離婚が成立した後の戸籍謄本です。

Q ペットを飼育しています。申し込みはできますか?

A:申し込むことはできません。

(1)町営住宅内でペットを持ち込むことは禁止していますので、飼育することもできません。もし、入居後にペットの飼育がわかった場合は、住宅から退去していただきます。

Q 現在、公営住宅に住んでいますが、入居の申し込みはできますか?

A:申し込むことはできません。

(1)他市区町村営住宅または、町営住宅に入居されている場合は、住宅に困窮していないと判断させていただきます。予めご了承ください。なお、特段の理由がある場合は、事前にご相談ください。

Q 現在、持家に住んでいますが、申し込むことはできますか?

A:持家をお持ちの方は、申し込むことはできません。また、売買予定の方も申し込むことはできません。

Q 一人でも申し込むことが出来る住宅がありますか?

A:町営住宅は、2人以上の入居が原則ですが、60歳以上の単身入居が可能な住宅があります。

Q 現在、税金の滞納がありますが、申し込むことが出来ますか?

A:入居される方の地方税などの滞納がある場合は、申し込みできません。

(1)地方税等の滞納がないことを証明する書類(完納証明書など)を提出していただきます。

Q 住民票を異動させずに入居することができますか?

A:入居の際には、必ず住民票を異動しなければなりませんので、申し込むことはできません。

(1)町営住宅へ入居する場合は、必ず住民票をその住所へ異動していただきます。住民票が異動できない場合は、入居することができません。

Q 何度も申し込んでいますが、なかなか当選しません!

A:人気の住宅は偏っています。それ以外の住宅を検討されてはいかがでしょうか?

(1)新しい住宅、町の中心地にある住宅に人気が集中しています。少し離れた住宅であれば抽選の無いこともあります。住宅に困窮しており、入居を強く希望される場合は、少し離れた住宅をご検討していただければ、入居の確率は高くなると思われます。

Q 現在、空家になっている部屋であれば、すぐに入居できますか?

A:町営住宅は、募集により入居予定者を決定します。このため、すぐに入居することはできません。

Q 家賃以外に負担するものがありますか?

A:町営住宅では、入居者が共同使用する部分に要する費用は「共益費」として、入居者が負担することになっています。共益費は、エレベーターや廊下灯等の電気料金、屋外水栓の水道使用料金などです。なお、共益費の集金及び支払いは、各団地(棟)において行っておられます。

Q 申し込みをしてからどのくらいで入居できますか?

A:公開抽選で仮決定された方の資格審査、入居手続きを行い、入居していただきます。入居できる日を募集時にお知らせいたしますのでご確認ください。

Q 町営住宅にエアコンやウォシュレットはついていますか?

A:エアコンやウォシュレットは設置しておりません。町営住宅は、安価な家賃で入居していただくことを目的としておりますので、設備は、最低限の設備としております。