ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画総務課 > 古い住宅用火災警報器は交換しましょう

本文

古い住宅用火災警報器は交換しましょう

記事ID:0000135 更新日:2020年11月16日更新 印刷ページ表示

火災警報器を交換しましょう

住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあるため、10年を目安に交換を行って下さい。

(和木町では、平成22年度と平成23年度に米軍再編交付金を利用し、各家庭に設置しています。なお、補助事業は終了しています。)