ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災情報 > 土砂災害から身を守りましょう(土砂災害ハザードマップ)

本文

土砂災害から身を守りましょう(土砂災害ハザードマップ)

記事ID:0000412 更新日:2020年11月16日更新 印刷ページ表示

土砂災害から身を守りましょう

山崩れ・ガケ崩れの前ぶれ

  • わき水の量が急に増えてきた。
  • 今まで枯れたことのないわき水が止まった。
  • ふだん澄んでいるわき水が濁ってきた。
  • 山の斜面を水が走り始めた。
  • 地鳴りの音が聞こえてきた。
  • 山の斜面に亀裂が走った。
  • 山の木が傾いている。
  • 石が転がり落ちてきた。

地すべりの前ぶれ

  • 地面にひび割れができた。
  • 井戸や沢の水が濁ってきた。
  • がけや斜面から水が吹き出した。

土石流の前ぶれ

  • 山鳴りがしだした。
  • 雨が降り続いているのに川の水位が下がった。
  • 川が濁ったり、流木が流れ出した。

和木町については、山口県より平成23年度に「土砂災害警戒区域」の指定を完了し、平成28年2月に「土砂災害特別警戒区域」の指定が行われました。
土砂災害ハザードマップは、土砂災害防止法に基づき、山口県が指定した、がけ崩れや地滑り、土石流といった土砂災害が予想される区域を示しています。土砂災害の予想される区域を確認していただき、万が一の災害発生の備えとしてください。

 

土砂災害ハザードマップ1[PDFファイル/7.7MB]

土砂災害ハザードマップ2[PDFファイル/4.7MB]

和木地区[PDFファイル/3.4MB] 

瀬田地区[PDFファイル/4.6MB]

関ヶ浜地区[PDFファイル/4.6MB] 

大谷地区[PDFファイル/2.5MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)