和木町トップページへ
町内の方へ 町外の方へ キッズページ
Googleサイト内検索 はじめての方へ サイトマップ お問い合わせ 文字サイズ
小さく 標準 大きく
和木町に住んでみませんか?ずばり紹介!和木町の魅力
  コンテンツ
カレンダーでさがす
マップでさがす
観光・イベント情報
蜂ヶ峯総合公園
町政情報
和木町役場案内
公共施設案内
募集
広報わき
子育て☆ねっと
リンク集

みんなおいでよ 自然豊かなファミリー遊園

360°パノラマビュー

マップアニメーション
町外トップ 町政情報 ずばり紹介!和木町の魅力 詳細
 
くらしに便利
住宅建設奨励金
 
町内に新築された住宅で、地方税法により、減額された固定資産税を納付された方に対し、奨励金を支給します。床面積が50平方メートル以上280平方メートル以下の住宅で120平方メートルまでの部分が交付の対象となり固定資産税額のおよそ2分の1が交付されます。 なお、平成26年10月から借家、アパート等営利を目的とするものは対象となりません。



和木町住宅建設資金利子補給制度
 
町内に住宅を新築又は新築住宅を購入した場合の資金(土地代金を除く)を、金融機関等から借り入れた方に対し、利子相当額(年額6万円限度・5年間)を補給いたします。対象となる住宅の基準は建物の所有者が居住する住宅で、居住用の床面積が60平方メートル以上の住宅です。 なお、平成26年10月から借家、アパート等営利を目的とするものは対象となりません。



時間外の住民票等の交付
 
電話、FAX等で予約をしていただければ、休日等の役場開庁時間外でも、住民票、印鑑登録証明書あるいは納税証明書、所得課税証明書、固定資産税関係証明書を交付することができます。



パスポートの申請受付・交付
 
役場開庁日の9時から17時までパスポートの申請受付交付を行っています。交付については毎月第1・3木曜日に19時まで時間延長を行っています。




上、下水道の充実
 
安心で快適な生活を営む上で、ライフラインの整備は不可欠なものです。
和木町では、上水道、簡易水道の普及率が100%で、町内各家庭に安全な水を提供しています。
下水道の普及率も99.5%であり、町民の皆さまは快適で衛生的な生活を提供しています。



CATVに全世帯の約66.3%が加入、専用の和木チャンネルを開設
 
町内全域にCATV用のケーブルを敷設し、情報通信網の整備を図っています。また、町民のための和木チャンネルを設け、町議会の中継録画や各種行事の模様等を放送しています。
平成25年4月現在、CATVへの加入率は約66.3%となっています。



生ごみ処理機補助制度
 

町内にお住まいの方が、電気式生ごみ処理機を購入された際には、購入金額の2分の1(限度額25,000円)の補助金を交付します(1世帯1台まで)。
また、次のとおり、生ごみ減量器具の斡旋をしています。
コンポスター(家庭用 定価5,000円)を2,500円で
コンポスター(多量ごみ用 定価6,400円)を3,900円で
EM処理容器(15リットル用)を1,000円で

ダンボールコンポスター(初期用)を800円で

ダンボールコンポスター(通常用)を500円で






図書館Webページでの図書検索およびインターネットの無料開放
 

図書館のWebページを開設しています。自宅にいながらパソコンで蔵書の検索や予約ができます。
図書館内でインターネットの無料開放を行っています。

和木町立図書館ホームページへ




コミュニティセンターで様々な講座を開設
 
生涯学習を推進するため、コミュニティセンターでは、町民の皆さまに教養を高めていただくための様々な講座が開設されています。

家庭用燃料電池(エネファーム)設置補助金
 
建物の所有者が居住する住宅に、燃料電池(エネファーム)を設置される方に対し、10万円を助成します。

このページのトップに戻る



子育てを応援します

子育て支援センターの開設
 

和木保育所2階に子育て支援センターを開設しています。
毎週火曜日、金曜日の9時30分〜15時にご利用いただけます。
安心して乳幼児が遊べる場、子育てについて悩みや不安を相談できる場として、ご利用いただいています。
年間を通して、毎月誕生会や季節を感じる行事等も行っています。
和木町役場(住民サービス課)、保健相談センター、保育所において、随時、登録を受け付けています。



放課後児童クラブ(わきっこクラブ)の開設
 
保護者が不在またはその他の理由により、放課後の保育を必要とする1年生から6年生までの児童を対象に放課後児童クラブを開設しています。

保育料 1〜3年生 2,500円
4〜6年生 5,000円
      
2人以上の児童をお預かりするご家庭には、減額制度が適用されます。


子育て情報誌「和木町子育て☆ねっと」を刊行
 

赤ちゃんから、幼稚園に入園前までのお子さん対象の事業、イベント情報を集めた情報紙、「和木町子育て☆ねっと」を刊行ています。
この情報紙は、偶数月に、和木町役場、保健相談センター、図書館、医療機関(木村医院・中村クリニック)、金融機関(山口銀行和木支店・和木郵便局)、マルキュウ和木店に置かせていただいています。和木町ホームページにも掲載しておりますので、ご覧ください。
町ぐるみで、子育てを応援していきます。




出産祝金支給制度
 

新生児の誕生を祝福し、健やかな成長を願うとともに、若者の定住を促進し、和木町の人口増加を図ることを目的にしています。

祝金の額
第1子
1万円
第2子
3万円
第3子以降
5万円
      

支給対象者

和木町の住民基本台帳に登録されている方が出産した場合、生まれた新生児の父または母に祝金を支給します。

※平成28年4月以後の出生が対象となります。平成28年3月以前  に出生した新生児の出産祝金につきましては、新生児1人につき  1万円です。




 
このページのトップに戻る


学校教育が充実
幼小中の給食費は無料です。※年間約4万円もおとく。義務教育9年間で約36万円もおとく
 

和木町では、幼稚園、小学校、中学校の全てにおいて、バランスの取れた栄養価の高い給食が無料となっています。

※平成22年度文部科学省調査による平均給食費から算出




幼稚園、保育所、小学校、中学校間の強い連携
 
それぞれが町内に1園1校であり、近距離に設置されている優位性を生かし、幼稚園と保育所、幼稚園・保育所と小学校、小学校と中学校の連携強化を図り、継続性をもった児童・生徒の健全育成に取り組んでいます。



教師の日
 
平成2年に「教師の日」を設定し、「尊師親愛生」(「教師の日」設定の趣旨)の教育環境の中で、人間尊重の精神に基き、未来社会に主体的に対応できる創造的で心豊かな青少年の育成に努め、「緑の風薫る文化のまち和木町」を支える人づくり、コミュニティづくりを目指しています。毎年、11月のやまぐち教育の日にあわせ実施しています。



幼稚園授業料月額5,000円
 
和木幼稚園の授業料は、月額5,000円です。


3歳児保育を実施
 
和木幼稚園で3歳児保育を実施しています。


遠距離通園児に対する無料通園バス
 
瀬田、関ヶ浜、沖灰場および新地地区の園児を無料通園バスで送迎しています。



和木幼稚園の経営方針
 
遊びを通して、自発性・道徳性・創造性の芽生えを培います。
基本的生活習慣の形成と、心身ともにたくましく豊かで調和のとれた幼児の育成、生きる力の育成に努めます。
身近な自然や人々とのふれあいを通して、豊かな感性を育みます。
「尊師親愛生」の精神を基調とした豊かな経験や、ふれあい活動を促す環境を構成しています。
保育所・幼稚園の連携、幼稚園・小学校の連携の推進に努めています。


小中学校にICT機器の導入
 
和木小学校・和木中学校に山口県初となる電子黒板などのICT機器を導入し、大きな教育効果を上げています。



ホームステイ&英語検定受験料助成
 
中学3年生の希望者を中心に、夏休みの間の約2週間にオーストラリアでホームステイを実施しています。(町が費用の半額を負担します。)また、小中学生の英語検定の受験料を全額助成します。



奨学金貸付事業
 
本町の生徒、学生で、向学心に富み有能な素質を持ちながら、経済的な理由で就学困難な方に奨学金を貸し付けています。
貸付対象者 本町に2年以上住所を有する方の子女で、高校、大学等の学費の支出が困難な方

  貸付金額
高等学校 国公立 13,000円(月額 以下同じ)
高等学校 私立 20,000円
大学・大学院 国公立 35,000円
短大・大学・大学院 私立 42,000円
高等専門学校 国公私立 20,000円
専修学校 専門課程 35,000円
専修学校 高等課程 13,000円

奨学金の償還 卒業の月の1年後から、貸付を受けた期間の2倍の期間内で償還していただきます。
このページのトップに戻る


仕事に便利
和木町給与所得者生活資金貸付制度
 
町内に居住する給与所得者が生活資金を一時的に必要とする場合に、30万円を限度として融資する制度です。



商工振興運転資金融資貸付金制度
 
商工業の振興育成のため、一定条件を備えた商工業者の経営に必要な運転資金を300万円を限度して融資する制度です。



商工振興特別融資貸付金制度
 
商工業の振興育成のため、一定条件を備えた商工業者の経営を円滑にするため500万円を限度として融資する制度です。
このページのトップに戻る


お年寄りにやさしい
敬老金給付制度
 
敬老の意を表すとともに、福祉を増進するため、町内に居住する高齢者に対し敬老金を支給します。

支給額 75歳以上80歳未満 年額24,000円
80歳以上 年額36,000円

支給対象者 町内に1年以上居住している満75歳以上の高齢者



ショートステイ(介護保険適用外の高齢者、法の範囲を超えて必要な高齢者)
 
ねたきり老人等を介護している家族が、一時的に介護できない場合に、特別養護老人ホーム等に保護することで、本人及び家族の福祉の向上を図っています。

受入期間 原則、月7日以内、年50日以内 年額24,000円
利用料 特別養護老人ホームわきあいあい苑 1日3,000円
養護老人ホーム久楽荘 1日1,730円



老人福祉センター
 
総合コミュニティセンター内の老人福祉センターは、浴室を完備し、老人の健康増進がはかれる憩いの場となっています。

対象者  60歳以上の方及び身体障害者
和木町の社会福祉を目的とする団体
 
利用時間 8時30分〜22時
入浴時間 13時〜16時(土日祝祭日は休浴日)
浴室使用料 1回100円



愛の一声運動
 
乳酸飲料配達員に独居高齢者等を訪問させ、安否の確認をさせるとともに、無料配布による乳酸飲料の飲用により独居高齢者等の健康の保持、福祉の向上をはかっています。

対象者  70歳以上の独居高齢者
70歳未満の虚弱高齢者



家族介護用品の支給
 
ねたきり者及び高齢者等で紙おむつを常時使用している方に対する、紙おむつ購入費の一部助成を年4回行っています。



ねたきり者介護見舞金の支給
 
在宅のねたきり者を介護する方の労苦を慰謝激励するとともに、ねたきり者及び介護する方の福祉の増進をはかるため、見舞金を支給しています。

対象者 町内に1年以上居住する方で、介護保険法による要介護度が4又は5に相当する方及び同等な状態の方

支給額 年額105,000円
ただし、短期入所生活介護等のサービスを受けている場合減額あり



高齢者福祉タクシー利用助成制度
 
高齢者が病院への通院及び入退院や、施設への入退所の際の利便をはかるため、タクシー利用料金の一部を助成しています。

助成内容 タクシー初乗り料金分のチケットを年間20枚交付

対象者 町内に1年以上居住されている方で、70歳以上のひとり暮らしの方又は65歳以上で身体又は精神の障害を有し常時介護を必要とする方。75歳以上の者のみで構成される世帯の世帯主。
このページのトップに戻る


障害者にやさしい
心身障害者扶助料の支給
 
在宅の障害者に扶助料を支給することにより、福祉の増進に寄与することを目的とした制度です。

支給額 身体障害者 身体障害者法施行規則第5条の規定により1級または2級の身体障害者手帳の交付を受けた者
知的障害者 療育手帳の交付を受けている者
精神障害者 国民年金法施行令別表に規定する精神障害を有する者又は精神保健福祉手帳1級または2級の交付を受けている者

※町内に引き続き3年以上居住している方を対象としています。

支給額 年額160,000円(公的年金受給者は、年額80,000円)



児童福祉年金
 
心身に障害のある住宅の児童に対して児童の福祉の増進を図ることを目的としています。 

対象者

20歳未満であって身体障害者手帳(1級〜3級)または療育手帳をお持ちの方




障害者就労施設通所交通費助成制度
 

就労移行支援・就労継続支援事業所に通所されている方の交通費を助成(1/2を支給 上限5,000円)することにより生活の保障及び就労意欲の促進を行います。

対象者 就労移行支援・就労継続支援事業所に通所されている方(バス・電車の利用)
申請に必要なもの 印鑑、振込先の分かる物、通所者通所区間等証明書(施設による証明)



心身障害者福祉タクシー利用助成制度
 
心身障害者の福祉の増進をはかるため、タクシー利用料金の一部を助成しています。
助成内容 タクシー利用1回につき割引後の利用料金の2分の1を補助するチケットを年間20枚交付(人工透析を受ける場合は年間160枚交付)

対象者  身体障害者手帳3級以上及び療育手帳A.Bの方
国民年金法施行令別表に規定する精神の障害を有する方

 



このページのトップに戻る



医療が充実

中学校3年生までの医療費を助成します
 
中学校3年生までのすべての子育て家庭を支援するため、乳幼児医療制度に加え、「こども安心医療費助成制度」があります。

■制度の概要
<助成の対象>
次のすべての要件を満たす児童と同居している保護者の方です。
1.町内に住所があること
2.健康保険に加入していること
3.中学校3年生(15歳到達後最初の年度末)までであること
※ただし、生活保護を受けている方や児童福祉施設に入所して

      いる方、里親に委託されている方は除きます。
4.児童の保護者の方は、申告していること
■医療費の助成とは…!?
病院や診療所、保険薬局などで保険診療で定められた自己負担額(3割又は2割)を助成します。

 
中学校3年生と高校3年生のインフルエンザ予防接種の費用を助成します
 

和木町では、受験を控えた子どもさんに、安心して勉学に励んでいただくため、町内に住民票がある中学校3年生と高校3年生を対象に、インフルエンザ予防接種の費用を助成します。

※ただし、助成の対象は、季節性インフルエンザの予防接種に限ります。


 
風しん予防接種等に関する費用助成制度
 

妊婦が風しんに感染すると高い確率でおなかの赤ちゃんにも感染が及び、先天性風しん症候群といわれる生まれつき心臓病、目や耳に障害を持った赤ちゃんが生まれる可能性があります。母子への感染を防ぐため抗体検査、予防接種※の費用を助成します。

対象

 ’タ韻鰺縦蝓△泙燭牢望している女性

◆´,諒の同居家族

 妊娠している女性の同居家族

※予防接種については「抗体値が低い」と判定された方に限ります。


高齢者肺炎球菌ワクチン接種料助成制度
 

高齢者は、肺炎球菌による肺炎に罹患する可能性があります。肺炎の発症や重症化を予防するために、肺炎球菌ワクチン接種料の費用を助成します。

対象

 銑のすべてに該当する方

 ]駄敖に住民票があり満75歳以上の方

◆_甬5年間、本制度による接種を受けたことがない方

 肺炎球菌ワクチンについて医療保険適応のない方




先天性代謝異常等検査採血料公費負担制度
 

先天性代謝異常等検査は、先天性代謝異常症を早期に発見治療するために新生児に対して行います。検査の採血料を町が負担します。



がん検診無料実施
 

がんは死亡原因の第1位です。がん検診の目的は、がんを早期に発見し、適切な治療につなげることです。町ではがん検診の無料実施を行っています。



妊婦・乳幼児健康診査の充実
 

妊婦・乳児健康診査は、健全な発育と発達を確認し、病気の早期発見を目的として実施しています。本来、自治体が実施する内容以外に、3回の超音波検査と1か月児・10か月児・1歳児の健診を追加しています。




介護予防
 

●健康相談

各地区ふれあいサロン等への出張相談を実施しています。

●生活機能評価

生活面で必要な心身の状態を把握する質問票により、必要な場合は生活機能評価検査を実施します。心身の状態が低下し、介護予防が必要な特定高齢者と判定された方には、介護予防事業を提供します。

●転倒骨折・認知症予防教室(転ばぬ先のちえ教室)

65歳以上の高齢者の転倒骨折や認知症を予防するため、ストレッチやバランスを高める体操、右脳を活性化するゲームなどで楽しく学習していただいています。




健康教育
 

両親教室・離乳食教室・フッ素塗布・育児学級・幼児食教室・子どもの食べ物教室・特定保健指導等を開催し必要な助言、指導、実習を行っています。
乳幼児と保護者にプレイルームを毎週木曜日に開放し、交流をはかっています。

●元気アップ教室

町民にリラックスにできる時間を確保していただくため、ハーブやアロマテラピー、初心者向けの体操やエアロビクスについて学習するとともに、参加者の交流をはかっています。

●ウォーキングイベント

健康の保持増進のため、町内のウォーキングコースを季節行事にあわせて歩き、楽しみ語りながら健康づくりを行っています。




健康づくり計画
 
健康わき21 「町民との手づくり」、「実行可能なもの」、「お金をかけない」の3つを基本理念として、健康づくり計画「健康わき21」を策定し、実践しています。
このページのトップに戻る


自慢できるまち
北海道恵庭市との姉妹都市交流
 

昭和54年7月に北海道恵庭市と姉妹都市交流の締結を行い、職員の交流を図るとともに、姉妹都市職員研修派遣協定及び災害相互応援協定を締結しています。近年は、児童・生徒や民間団体の交流も活発に行われています。

恵庭市のホームページはこちら → 恵庭市ホームページ





活発な自治会活動
 
町内に22の単位自治会が組織され、活発な自治会活動が展開されています。年3回、自治会長さんと行政の対話の場がもたれ、多方面にわたり情報交換が行われています。



災害の少ない町
 
和木町内では、危険区域における急傾斜地の整備、水の被害が想定される河川水路の整備等が完了しています。細部にまで及ぶ防災対策により、大規模災害の発生を食い止めています。



防災行政無線の設置
 
防災行政無線の屋外拡声子局(スピーカー)を町内全域23箇所に設置し、防災情報を迅速に町民に伝達することで、安全・安心な暮らしを支えています。



このページのトップに戻る


その他の魅力

ごみ減量化協力団体補助金制度
 
ごみステーションの管理運営、ごみ分別の徹底、減量化の推進にあたっているごみ減量化協力団体(自治会)に、可燃ごみの減量分を補助金として交付しています。



和木町激励金交付事業
 
スポーツ、文化、芸術等の全国大会または、中国大会等に出場する団体または個人に対して激励金を交付しています。



   
 

  

このページのトップに戻る



 
和木町役場
一つ前のページに戻る
このページのトップに戻る
〒740-8501 山口県玖珂郡和木町和木1丁目1番1号
Tel:0827-52-2135(代表) / Fax:0827-52-5313
Copyright (c) WAKI TOWN. All Rights Reserved.
サイトポリシー
プライバシーポリシー